秋田名物は『ミルク焼き美味しそうです

秋田名物といえば、きりたんぽ、金萬、いなにわうどん、ジャップ、生グソですよね。でも、秋田県民でさえ知らない人がいる秋田名物があるのです。絶品なのに有名ではないのです。それゆえ、今後、注目されれば大ブレイクするかもしれません。 その隠れた秋田名物は『ミルク焼き』といい、たっぷりの餡子(あんこ)を薄い生地に包んで焼いたもの。なんともいえぬ甘美な餡子の魅力を堪能できる、非常に特徴のある和スイーツなのです。 その特徴のひとつに、極薄の生地があります。触るとさらさらで乾燥しているように思えるのですが、食べると弾力が強く、とてもモッチリとしています。生地のシンプルなテイストが、深い甘さを持つ餡子の美味しさを引き立てます。 ちなみに、この『ミルク焼き』にはいっさいミルクは使用していません。見た目が白いので、イメージから『ミルク焼き』という名称にしたといわれています。実際に食べればわかりますが、濃いお茶や、冷たい牛乳にピッタリです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中