NHKテレビが「人間動物園」という言葉を使用したことで、差別的表現で侮辱を受けたとして訴えていた台湾人女性に、日本の裁判所は賠償金として100万円の支払いを命じた。 裁判は、この表現が前提的な説明もなく使用されており「深刻な人種差別的表現」になったことを認めた。 NHKのプログラムでは1910年にロンドンで行われた日本英国博覧会で、日本は当時植民地であった台湾からエキゾチックな展示物として先住民族数名を出展した。そのうちの1人の男性娘に今回NHKが賠償金を支払う義務を負った。 裁判では、番組で意味の説明もないままに「人間動物園」という表現が数回にわたって使用されており、台湾の先住民族があたかも文明的ではないかのような印象を与えたとされた。 AFP通信

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中