ミヤネ屋がクリーンヒットを飛ばした!  天木 直人 赤かぶ

いつもは悪口ばかりを言い立てて来た私であるが、そしてその悪口は正しいのだが、良い事を放送すれば、私でも素直に評価する。

それが、6月12日の午後3時前から放映されたノバルティス社元社員のデータ改竄事件を報じた内容だ。

森本元防衛大臣が厚生省の責任はどこにあるのか、厚生省が許可しなければ、どんな薬も売れないはずだ、と突然言い出した。

解説していた専門家らしき者が、一瞬言葉を詰まらせて、その通りですと認めた。

そうしたら、ミヤネ屋お抱えの読売の記者あがりの専属コメンテーターが、厚生省をかばうつもりなのか、単に知恵をひけらかせたかったのかどうか知らないけれど、治験と臨床は法律が違っていて、認められる場合もある、そこが曖昧になっている、などと口を滑らせた。

どんどんとこの問題の闇に迫ることになった。

このノバルティス問題の本質は、一元社員の逮捕の問題なんかではない。

引用元: ミヤネ屋がクリーン…

View On WordPress

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中