●がんの起こる仕組み – 脱脂粉乳世代 – Yahoo!ブログ

●がんの起こる仕組み – 脱脂粉乳世代 – Yahoo!ブログ

活性酸素は、遺伝子に傷つけるさせるガンの主な原因です。

私たちは呼吸によって空気中から酸素を取り入れています。酸素は私たちが生きていくために欠かせない大切なモノです。

ちょっとしたキッカケで「活性酸素」というものに変身します。この活性酸素こそが、さまざまな老化現象を起します。その正体は非常に攻撃的で毒性の強い”酸化させる”(サビさせる)ということです。発ガン物質は、過激な反応を起こす性質があり、遺伝子を傷つけます。

引用元: ●がんの起こる仕組み – 脱脂粉乳世代 – Yahoo!ブログ.

View On WordPress

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中