女優浅香光代(85)が22日発売の女性誌「婦人公論」で不倫関係にあった大物政治家との間に2児をもうけていたと告白している。名前は明かしていないが、後に自民党の重鎮となったS氏(故人)といい、48年に「国会キス事件」を起こした大蔵大臣の泉山三六氏に紹介されたという。S氏には妻がいたが男女の関係になってすぐに長男と次男を出産。その後「愛人」であることが受け入れられず、別の男性と結婚。2人の息子には「お父さんは飛行機事故で死んだ」と言い聞かせてきたが、約2年前に真実を明かしたという。浅香は「何十年もの間、自らが演じてきた長谷川伸先生の『瞼(まぶた)の母』を地で行ってしまった切ない母のざんげでござんす」と話している。 (浅香光代が告白 大物政治家と不倫し出産 – 芸能ニュース : nikkansports.comから)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中