サッカリンは発がん加えると成長が遅くなる 甘味料サッカリン米国は安全宣言 – NAVER まとめ

甘味料のサッカリンは発がん性があるという見方がされたことがあったが、がん細胞に加えると成長が遅くなると発見され、抗がん剤を強化する薬につながる可能性が浮上している。

 

甘味料のサッカリンは発がん性があるという見方が言われたことがあったが、がん細胞に加えると成長が遅くなると発見され、抗がん剤を強化する薬につながる可能性が浮上している。

サッカリンの効果に基づく薬が開発されれば、がん細胞の成長を遅くすることで他の抗がん剤や放射線治療の効果を増強できる可能性がある。

引用元: サッカリンは発がん加えると成長が遅くなる 甘味料サッカリン米国は安全宣言 – NAVER まとめ.

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中