福島第一2号機のベント自動で破れるはずが… 失敗ー原発ごみ埋めてもダメ!先行き絶望

テレ朝news 社会ニュース ニュース記事

自動で破れるはずが… 福島第一2号機のベント失敗(05/20 11:54)

|  使い方は?

福島第一原発事故で、2号機の格納容器の圧力を下げるベント操作の際、安全装置が作動しなかったため、失敗した可能性が高いことが分かりました。

福島第一原発2号機では、津波から4日後に格納容器が破損し、大量の放射性物質が大気中に放出されました。当時、格納容器の圧力が限界に達したため、臨時にバルブを開けるベントをしましたが、圧力は下がりませんでした。東京電力によりますと、ベントの配管の途中にあり、自動で破れるはずだった「閉止板」という安全装置の周辺で、高い放射能汚染が確認されなかったことが分かりました。このため、閉止板が作動せずに、ベントに失敗した可能性が高いということです。東京電力は事故の検証を続け、安全対策に反映させたいとしています。

引用元: 自動で破れるはずが… 福島第一2号機のベント失敗.

原発ごみ埋めてもダメ!先行き絶望

地下750mの坑道に毎日1万2千リットルの水が浸水。 容器を腐食し放射性物質に汚染された地下水をポンプで 更により深い地下へ送り出すだけが対処療法。 容器を回収するだけでも30~40年掛かるという。 日本と同様、放射性廃棄物の最終処分場の目処さえ全く立たないドイツ。 仕方がないので『中間貯蔵施設』という名の貯蔵所..
世界の原発・核関連施設事故 http://ima-ikiteiruhushigi.cocolog-nifty.com/nature/2008/07/3_e9bb.html 2002年から2009年アッセ周辺の白血病患者が急上昇 甲状腺ガンの女性の数は3倍に増加
http://rr.img.naver.jp:80/mig?src=https%3A%2F%2Fi.ytimg.com%2Fvi%2FxaYVUzz8V_o%2Fmaxresdefault.jpg&twidth=300&theight=300&qlt=80&res_format=jpg&op=r
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中