非正規撤廃 日本の所得格差10倍超す

日本の所得格差は経済協力開発機構(OECD)平均より高く、1980 年代半ばから拡大していることがOECDの最新報告書「格差縮小に向けて」で明らかになった。

OECD加盟国すべてを合わせたトップ10%の富裕層とボトム10%の貧困層の所得格差は史上最悪レベルの9.6倍に開いた。80年代は7倍、2000年代は9倍だった。

引用元: 求む!非正規撤廃 日本の所得格差10倍超す 経済成長の妨げに.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中