正規雇用がなくなり、個人ワーカーが台頭する近い将来の働き方 | TechCrunch Japan

契約による仕事の受発注が新しい働き方の基準となってきている。例えばUberだ。車を共有して移動手段を提供するスタートアップは、16万人の契約ドライバーを抱えているが、従業員はたったの2000名程だ。これは80対1という驚くべき割合だ。契約による仕事の受発注は、なにもUberだけが行っているのではない。Handy、 EazeやLuxeといった企業も個人ワーカーが主体となる「1099エコノミー」に最近加入した。

訳注:1099とは、アメリカの国税庁の個人事業主向けの申請書を指している。

彼らが最も注目を集めているが、オンデマンドサービスを提供する企業だけが、多くの個人ワーカーに業務を委託しているのではない。Microsoftもフルタイムの従業員の3分の2近くの人数の個人ワーカーを抱えている。最もシンプルなビジネス形態である個人事業主でさえ、2003年の2倍、個人に業務を委託している。

雇用者と個人の双方が契約での働き方に魅力を感じる4つのトレンドが起きている。それが既存のフルタイムの雇用形態に対するビジネスと働く人の考え方を変えているのだ。

プラットフォームを選ぶだけで、カスタマーが見つかる

引用元: 正規雇用がなくなり、個人ワーカーが台頭する近い将来の働き方 | TechCrunch Japan.

引用元: 正規雇用がなくなり、個人ワーカーが台頭する近い将来の働き方 | TechCrunch Japan.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中