圧力発言:「私に責任ある」首相が陳謝 安保特委  – 毎日新聞

安全保障関連法案を審議する衆院平和安全法制特別委員会は3日、総括的集中質疑を実施した。安倍晋三首相は、自民党の勉強会で報道機関への圧力を求める発言や沖縄への侮蔑的な発言が出たことについて「国民の皆様に申し訳ない気持ちだ。党の長年の沖縄振興、基地負担軽減への努力を水泡に帰すものであり大変残念で、沖縄の皆様の気持ちを傷つけるとすれば申し訳ない」と陳謝した。また「党本部で行われた勉強会なので、最終的には私に責任がある」と認めた。

首相は発言について「大変遺憾だ。非常識で、国民の信頼を大きく損ねる発言であり看過できない」と指摘。勉強会での「沖縄の新聞2紙をつぶさないといけない」との発言に関しては「新聞の自由な言論を確保することが重要で、それを侵すような行為から報道の自由を守るのが私たちの責任だ」と表明。「安倍政権を厳しく非難している報道機関でも、言論の自由が侵されてはならない」と強調した。民主党の枝野幸男、長妻昭両氏の質問に答えた。

引用元: 圧力発言:「私に責任ある」首相が陳謝 安保特委  – 毎日新聞.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中