安倍談話 江川紹子氏の論評 ( 事件 ) – 梢のぶつぶつ – Yahoo!ブログ

共産党との戦いに敗れ台湾に逃れる。そして日華平和条約を締結する際、日本に対する賠償請求権を放棄した。

日本が中華人民共和国と国交正常化を果たしたのは1972年。この際、中国が賠償を求めるかどうかが、日本としては最大関心事の一つだった。中国がまともに賠償を請求すれば、それは莫大な金額となり、日本の財政は非常に厳しい状態に追い込まれたはずだ。

中ソが対立するなど当時の国際情勢、日本の経済援助への期待、共産党が国民党より度量が狭いと思われたくないというメンツの問題など、中国には中国の思惑はあっただろう。

しかし、賠償を放棄するという寛大な対応をしたことで、日本が大いに救われたことは紛れもない事実である。

訪中した田中角栄首相に対し、周恩来首相は、「日本人民と中国人民は、ともに日本の軍国主義の被害者である」と述べた。

 

中国共産党は、この決定をするにあたって、各地で学習会を重ねて政府の立場を説明し、日本によって多大な被害を受けた同国内の人々の声を抑え込んだ。

当時の毛沢東主席と周恩来首相の絶対的な支配力があってこそなしえたことと言えるだろう。

日本が中国のODA(政府開発援助)に力を入れたのは、そういういきさつがあってのこと。しかも、ODAは日本企業のビジネスチャンスを広げる役割も果たした。

それにもかかわらず、今になって「中国に援助してやったのに、感謝もない」といった発言が目につくのは、こうした歴史がきちんと伝わっていないためではないか。

引用元: 安倍談話 江川紹子氏の論評 ( 事件 ) – 梢のぶつぶつ – Yahoo!ブログ

 

 

.安倍談話特集 中国が賠償を求めなかったから今の日本がある。お詫びと感謝が不足http://matome.naver.jp/odai/2143996360349300101

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中