ローマ法王は米国の政治に深く関与?

いい記事です。

アメリカ ウオッチ Yuko's Blog

キューバを訪問したローマ法王フランシスは22日の東部時間午後4時、ワシントンD.Cに近いメリーランドにあるジョイント.アンドリュー基地に到着した。飛行機を降りてくる法王を大統領及び副大統領の家族は笑顔で出迎えた。23日午前9時過ぎにはホワイトハウスを訪問し、大統領執務室で会談した後、ワシントンのエリプス通りを中心に開催されたパレードに参加した。路肩、公園、モールなどからの見物客数百万人が詰めかけ、ワシントンはかなり混雑した様子であった。パレードの前に開催されたホワイトハウスでの集会で、法王は移民、主に気候変動について短いスピーチを披露した。夕方、国立大聖堂で開催された列聖マスは幾分論争的であると言われている。

元の投稿を表示 さらに13語

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中