武器輸出がうまくいかないとどうなるか

良いです

あるワーキングプアの考え

経団連の武器輸出は失敗する、なぜなら武器の市場は広いように見えて狭い。ゲリラ系はいまだにAK47に対する信頼は絶大だ。
また中国の武器は優秀だ。
日本はこの世界でも出遅れている。だったらいいじゃないか。と考えるのは早計である。
武器輸出は決まっている。売れない→過剰在庫。ただでさえ市場が狭い。その武器は、裏で暴力団やテロリストに売るしかなくなる。
さらに武器製造は派遣労働者が行うだろう、ということは、派遣労働者に特定秘密保護法の義務が課せられるのか?年収200万前後の労働者に。そんなことがあっていいのか。
しかも武器製造で賃金も上がらず、株も安保法制が原因で下がっている。そうなると日本経済はさらに泥沼化する。
あほは自衛隊の経済的徴兵制だとかしか言わないが、その前に裏の世界が若者をリクルートする。
経済が悪化すると裏の世界が活気づくだけだ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

元の投稿を表示

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中