祝 きっといつの日か 名古屋上映

良いですね

クレープアン34年のありがとう

きっといつの日か

上映おめでとうございます

本日名古屋駅東口駅前

シネマスコーレにて公開されます。

お祝いのフラワースタンド今送りました

共に夢と希望に向かって飛び立とう

クレープアンスタッフ一同
ネットは本当に便利

上映会場そばの花屋さんを探し

スタンドフラワーが得意そうなお店を感で探す

ネットでの探し方が人生の生き方を変えるとも言っても良い

全ては経験

学校じゃ学べない

それに口座を持ってなけりゃ始まらない。

何処の馬の骨ともわからない輩の申し込み

まずは現金を振り込まないと始まらない。

引き落としが便利だけれど

小さなお店の少額な取引には向かない

引き落としには、手数料をお店が払うだけで儲けがなくなる

今日のお店もそうだ!

振込か代引き

みんな必死ににやっている

だから配達は5日前の申し込みになっている

そこをお店に掛け合う

電話が一番早いし信用できる

こういうやりとりこそ

お互いの気持ちがわかる瞬間

アレンジもお願いできる

担当の人のセンスがものを言う

日暮監督と各務原市民スタッフさんたちが喜んでくだされば最高!

このような短編映画を一般公開するには、大変な苦労が伴うことを知っている。

日暮監督は手弁当で動き回り、やっと見つけた劇場!

こういう名もない名画を小さな空間でも発表する場を

作ってくれた事に感謝の気持ちを込めて

寂しい劇場入口を少しでも華やかにしたくて手配しました。

各務原での特別上映会に参加されたファンの方のメールを読んだ
日暮監督のコメントを載せておきます。

矢代さん!

本当に有難うございます!!

石川県から3時間も掛けていらっしゃったと聞き大変嬉しく思いました。

文章を読んで目頭が熱く成りました。

本当にこの仕事をしていて良かったと改めて思い、そして責任を感じました。

このお手紙は自分を更に大きくしてくれる大切な一文です。

くれぐれも宜しくお伝え下さい。

その一文とは

お疲れ様でした。石川県からご家族で

やってこられたお母さんからの感想を是非監督に読んでいただきたく、本人の了承を得て

引用させてもらいます。

昨日、なんとか無事に各務原へ行って参りました!

ひたすら高速道路で車を走らせ、少しずつ休憩を挟みながら行くと、片道約3時間の道のりでした。

運転を引き受け連れて行ってくれた主人に本当に感謝です。

でも、遠いところを行った甲斐がありました‼

「きっといつの日か」本当に素晴らしい作品でした。

各務原は、とっても素敵なところでした。

瑛久くんは本当にキラキラされていて、舞台に登場されて目にした瞬間、眩しすぎて倒れそうになりました(笑)

愛那も同じく「た、倒れそうなくらい瑛久くんカッコいい!でも嬉しすぎる~♪」と終始幸せを噛みしめていたようです。

息子の海翔(かいと)も、キョウリュウグリーンに会えると何気に楽しみにしてくれていて「生(なま)ソウジ(笑)すごくカッコ良かった」などと生意気な感想も飛び出しました(笑)

まだ小学校1年生ですが、映画鑑賞もトークショーもおとなしくできていたので助かりました。

各務原の市民の方々もたくさん参加されていたようで、家族連れも大勢いらしたので、お父さん(主人)も浮かずに済みました(笑)

日暮監督は思っていたよりお若い感じの監督さんでしたが、ユーモアもある落ち着いた雰囲気の素敵な方でした。

ショートムービーなので普通なら3、4日で終わるはずの編集作業に2週間位もかかってこだわったお話など聞かせてくださいました。

「この際だから正直に言いますけど…脚本通りきっちり編集したらすごくつまらなかったんですよ。だからなんとかしないと!って、すごく時間かかりました。」なんて裏話だったのですが、日暮さんの飾らない人柄が感じられ、とても好感が持てました。

瑛久くんのこともとても高く評価されていらっしゃるようでした。

「塩野くんがいい顔をしているから切れないシーンも多くて…各務原の魅力も沢山伝えたいし、30分に収めるのはなかなか大変だった」なんてお話もされてました。

瑛久くんは、監督と出演者紹介のために最初に登壇された時は、やはり少しばかり緊張されていたのか、やや硬い表情のようにお見受けしたのですが、私達と同じ空間で一緒に映画を観てくださり、その後のトークショーでは、明るすぎる各務原市長(笑)や、とっても面白い多田木さん、司会を務められたステレオ太陽族のお二人のおかげで徐々に場も和んでいき、瑛久くんも冗談を交えたり、とびっきりの笑顔を見せてくれていて、私もすごく楽しかったです。

でも、瑛久くんが沖縄映画祭で他の地域発信作品も見てきてドキュメンタリーっぽい作品が多かった中、「きっといつの日か」はしっかり映画として成立していると思う、すごく演じがいがあったし、監督や皆さんのおかげで素晴らしい作品になったと自信を持って言えます!と熱く語っていたのには、いつもの熱い「役者塩野瑛久」を感じました。

もちろん、映画の中での「役者塩野瑛久」も存分に堪能させていただきました。

日暮監督もおっしゃった通り、ひとつひとつの表情がとても印象的でした。

他にも、父親役の伊藤さんがとにかく実際も格好よくて素敵だったこと等々、お伝えしたいことはまだありますが…長くなっているので、とりあえずこのくらいにしておきます。

思いきって参加してみて本当に良かったです。

瑛久くんと一緒に過ごせるひとときは本当に幸せいっぱいでした♪
明日は恐らく本人が1人で劇場に向かいます。

マネージャーの交通費まで出ないでしょう。

それでもマネージャーは自腹でも向かうときがあります。

夕張ファンタスティック映画祭のときがそうでした。

斜陽化する映画界

シネマの灯火を消したくない

そんな思いで手弁当覚悟でやってくれているのです。


予告編だけでもどうぞ!

ワンコイン映画

上映情報!

【日時】

10月20日(火)

≪1回目≫19:10-19:42

≪2回目≫20:00-20:32

≪3回目≫20:50-21:22
10月21日(水)

≪1回目≫18:50-19:22

≪2回目≫20:05-20:37
【会場】

シネマスコーレ

(愛知県名古屋市中村区椿町8-12 )

[名古屋駅西口徒歩3]

[TEL:052-452-6036]

※当日は整理券入場となります。
ワンコインが少しでも明日への力になってくれることを祈って

元の投稿を表示

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中