2010年(平成22年)版 海溝型地震予測

いい記事です

大輪プロジェクト

2010年(平成22年)版 海溝型地震予測

択捉沖 M8.1 60パーセント
根室沖 M7.9 40パーセント
色丹沖M7.8 50パーセント
十勝沖 2003年 M8.0 60パーセント
宮城県沖 M7.5 99パーセント(ただし、三陸沖南部海溝寄りと同時発生の場合 M8.0)
茨城県沖 M6.7~M7.2 90パーセント以上
南関東 M6.7~7.2 70パーセント
駿河トラフ東海地震 M8.0 87パーセント
南海トラフ東南海地震 M8.1前後 60~70パーセント(ただし、南海地震と同時発生の場合 M8.5)
南海地震 M8.4 60パーセント(ただし、東南海地震と同時発生の場合 M8.5)
安芸灘~伊予灘~豊後水道のプレート内地震 M6.7~7.4 40パーセント

‰ä‚ª‘‚Ì’nk‚̏«—ˆ—‘ª |‘S‘’nk“®—‘ª’n}| i•½¬22”N11ŒŽj

元の投稿を表示

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中