福島原発の炉心溶融物が海上で発見された!弥勒菩薩ラエルは全原発の廃炉を主張する

MakeParadism〜弥勒菩薩ラエル提案の楽園主義を実現しよう!

URL: http://enenews.com/video-fukushima-corium-found-pacific-hydrogen-dissolving-nuclear-fuel-plutonium-detected-surface-ocean-water

VIDEO: Fukushima corium found in Pacific— Flowing into ocean after hydrogen dissolves nuclear fuel — Scientist: We’ve actually seen plutonium floating on surface; “We have no control over this accident… they’ve got leaks everywhere”
ビデオ:福島炉心溶融物が太平洋で見つかった…水素が原発の核燃料を溶解させたあとに流出か!
科学者の言葉:「私達は実際にプルトニウムが海の表面を漂っているのを見た。私達はこの事故を全くコントロール出来ない。この事故から漏れ出た放射能は至る所に散乱している。」

Fukushima coriumの意味

このタイトルに、「Fukushima corium」(コリアム)とあるが、この言葉の意味を良く理解すると、この記事がどれだけ深刻なものかを理解することができる。

WikiPediaからその意味を引用してみる
https://en.wikipedia.org/wiki/Corium_(nuclear_reactor)

Corium, also calledfuel containing material(FCM) orlava-like fuel containing material(LFCM), is alava-like mixture of portions of anuclear reactor core, formed during anuclear meltdown, the most severe class of anuclear reactoraccident.
It consists of nuclear fuel, fission products, control rods, structural materials from the affected parts of the reactor, products of their chemical reaction with air, water and steam, and, in the event that the reactor vessel is breached, molten concrete from the floor of the reactor room.

《WikiPediaの訳開始》
コリウムとは、またの名を燃料含有原料(FCM -“fuel containing material”)または、溶岩状燃料包含原料(LFCM -“lava-like fuel containing material”) と言い、これは原子炉炉心を構成する様々な材料や燃料が混ざりあった溶岩状のもので、炉心溶融発生時に形成される。これは、最も深刻なレベルの原子炉事故である。

コリウムの中には、核燃料、核分裂生成物、制御棒、原子炉の罹患部から出ている構造物の材料、空気との化学反応で生成された物質、水、そして、蒸気、そして、原子炉容器が破壊された時には、 原子炉室の床の融解コンクリートなどが含まれている。

《WikiPediaの訳終わり》

コリウムとは、炉心が溶融した時にできる溶岩上の物質なのだ。この放射能はどのくらいあるか

ニュースサイトENENewsの記事
投稿日: 2015/1/2

元の投稿を表示 さらに2,652語

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中